損保ジャパン日本興亜ホールディングス

パスワードの保存について

ブラウザのパスワード保存機能

当社のWebサービスでは、ログイン認証にご利用いただいているパスワードをブラウザに保存されないように実装していますが、近年、Internet Explorerなどのブラウザ環境において、強制的にパスワードを保存する仕様になっているものが増加してまいりました。

この機能は当社のシステムではなく、お客さまがご利用になるブラウザの設定による機能です。
パスワードの保存場所は、お客様のPCやタブレット等になります。

ブラウザのパスワード保存機能は、パスワードをご自身で記憶しておく必要がないため便利な機能ですが、ブラウザの設定を変更した際に消えてしまうおそれがあることに加え、ブラウザによっては保存したパスワードを表示することができる機能があるなど、一定のリスクが伴います。

お客さまのご判断でパスワード保存機能を利用される場合には、保存されたパスワードが消えてしまった場合に備えてあらかじめお手元に控えておいていただくなど、対策をお願いいたします。

ご家族の方のユーザーアカウントの分離

パスワード保存機能が有効になっているブラウザをPCでご利用の場合、Windows等のユーザーアカウントをご家族で共有していますと、当社や銀行などのWebサービスのIDやパスワードもご家族で共有できてしまいます。

このため、WindowsやOS X(Mac)のユーザーアカウントは、ご家族で別々のものをご利用いただくことをおすすめします。

ご家族用のアカウントの作成方法は、各社の以下のサイトをご参照ください。

パスワード保存機能の解除方法

主なブラウザのパスワード保存の設定をOFFにする方法は以下のとおりです。

なお、この設定をOFFにすると、銀行など他のサービスのパスワードも消去されることがありますので、この設定をOFFにする場合には、各種パスワードは必ず別に控えておいてください。

IDとパスワードはログイン認証においてご本人さまを確認する重要な情報です。異なるWebサービスのパスワードは、別々のパスワードを設定することを強くお勧めいたします。

  • Internet Explorer 10(Windows PC) の場合
    「インターネットオプション」から「コンテンツ」タブを開き、「オートコンプリート」の「設定」で「フォームのユーザー名およびパスワード」のチェックボックスをはずすと、パスワードが保存されなくなります。
  • Safari(macOS) の場合
    Safariの「環境設定」のメニューから「自動入力」を選択し、「ユーザ名とパスワード」のチェックをはずすと、パスワードが保存されなくなります。

上記以外のブラウザの設定については、各ブラウザのヘルプでご確認ください。

パスワードの保存について

ブラウザのパスワード保存機能

当社のWebサービスでは、ログイン認証にご利用いただいているパスワードをブラウザに保存されないように実装していますが、近年、Internet Explorerなどのブラウザ環境において、強制的にパスワードを保存する仕様になっているものが増加してまいりました。

この機能は当社のシステムではなく、お客さまがご利用になるブラウザの設定による機能です。
パスワードの保存場所は、お客様のPCやタブレット等になります。

ブラウザのパスワード保存機能は、パスワードをご自身で記憶しておく必要がないため便利な機能ですが、ブラウザの設定を変更した際に消えてしまうおそれがあることに加え、ブラウザによっては保存したパスワードを表示することができる機能があるなど、一定のリスクが伴います。

お客さまのご判断でパスワード保存機能を利用される場合には、保存されたパスワードが消えてしまった場合に備えてあらかじめお手元に控えておいていただくなど、対策をお願いいたします。

ご家族の方のユーザーアカウントの分離

パスワード保存機能が有効になっているブラウザをPCでご利用の場合、Windows等のユーザーアカウントをご家族で共有していますと、当社や銀行などのWebサービスのIDやパスワードもご家族で共有できてしまいます。

このため、WindowsやOS X(Mac)のユーザーアカウントは、ご家族で別々のものをご利用いただくことをおすすめします。

ご家族用のアカウントの作成方法は、各社の以下のサイトをご参照ください。

パスワード保存機能の解除方法

主なブラウザのパスワード保存の設定をOFFにする方法は以下のとおりです。

なお、この設定をOFFにすると、銀行など他のサービスのパスワードも消去されることがありますので、この設定をOFFにする場合には、各種パスワードは必ず別に控えておいてください。

IDとパスワードはログイン認証においてご本人さまを確認する重要な情報です。異なるWebサービスのパスワードは、別々のパスワードを設定することを強くお勧めいたします。

  • Internet Explorer 10(Windows PC) の場合
    「インターネットオプション」から「コンテンツ」タブを開き、「オートコンプリート」の「設定」で「フォームのユーザー名およびパスワード」のチェックボックスをはずすと、パスワードが保存されなくなります。
  • Safari(macOS) の場合
    Safariの「環境設定」のメニューから「自動入力」を選択し、「ユーザ名とパスワード」のチェックをはずすと、パスワードが保存されなくなります。

上記以外のブラウザの設定については、各ブラウザのヘルプでご確認ください。